瞑想によって得られる効果

瞑想って聞くとどのようなものを連想しますか?

 

宗教っぽい?

ヨガ教室でやらされた?

修行っぽい?

 

いろいろイメージがありますよね。

 

『始めよう。瞑想~15分でできるココロとアタマのストレッチ~』

(光文社知恵の森文庫)  宝彩 有菜  (著)

 

本書によると、

瞑想は科学的に良いと証明されているのだとか。

脳を効果的に使えるようにするためのトレーニングのような感じです。

 

目次

瞑想のメリット

 

実際に試してみて、

  • 眠りの質がよくなった
  • 睡眠時間が多少短くなっても日中のクオリティが落ちなくなった
  • 思考がブレずらくなり、集中力が増した
  • 物忘れが減った
  • 仕事が効率的にできるようになった
  • 物事の優先順位が瞬時に判断できるようになった

 

こんな感じの効果がありました。

 

瞑想をすると、あたまの中にある情報が整理されスッキリします。

 

散らかった机上が綺麗に整頓されるイメージ。

 

想像してほしいのですが、

散らかったデスクの上で何かに集中して効率的な作業ってできそうですか?

 

たとえば、

机上に漫画が置いてあったり、

関係ない書類が置いてあったり、

買い物のレシートが散らばっていたり、

お菓子があったり、

付箋がたくさん貼ってあったり。

 

脳の中でも同じことが起きていて、

あらゆる情報が一時記憶として机上に散らばっています。

 

こうしてちらかった脳の中の情報は、睡眠時に整理整頓されているのだとか。

3時間に1回のタイミングで15分間。

 

たとえば、6時間睡眠だったら2回行われるというイメージ。

 

瞑想を15分間行うのは、

睡眠時、3時間に1回のタイミングでしか行われない作業と同等の効果が得られます。

 

だから、瞑想をすることによって、

睡眠の質がよくなったり、

記憶力の向上などに効果があるんです。

 

瞑想のやり方

 

私が瞑想のやり方で想像していたのは、

ヒーリング音楽を聴きながらリラックスした状態で、

物思いにふける感じなのかな?と思っていました。

 

ところが、

物思いにふけるどころか、

その逆でした。

 

何も考えないんです。

頭の中を空っぽにするイメージ

 

集中できる環境をつくる

 

家族がいる場合は、

「今から集中するから話しかけないで」とあらかじめ言っておく

もしくは誰もいない時に行いましょう。

 

というのが、

瞑想中に途中で中断させられるのはよくないからです。

 

音楽もない方が、ゾーンに入りやすいと思います。

集中できる環境を設定しましょう。

 

クッションを準備

 

おしりが痛くなって、集中が途切れることのないように、座布団もしくはクッションを用意しましょう。

 

そして、クッションの上に楽な姿勢ですわりましょう。

 

目を閉じて、姿勢をととのえる

 

基本的には楽な姿勢で良いと思うのですが、できるだけ背筋を伸ばしたほうがよいです。

 

座っている時の体のバランスが気になってしまったり、自分の呼吸の動きなどに意識が向いてしまったりするので。

 

何も考えない

 

実際にやってみるとわかるのですが、

これが一番難しい。。。

 

しばらくすると、

絶対に雑念がおりてきます。

 

過去の出来事や、未来の心配事、良い思い出や、悪い記憶。

 

たとえば、

「あの時あいつこんなこと言ってたな~」

「さっき伝えた〇〇はちゃんとあいつに伝わってたかな~」

「瞑想って意味あんのかな~」

「そういえばあの映画見たかったんだけどまだ見てないな~」

「明日の飯なに食べよう」

 

などなど。

 

この降りてきた思考を、とにかく無視!

瞑想中って、何か考え事してそうな雰囲気ですが、逆なんです。

何も考えない状態を作ることこそが瞑想です。

 

瞑想を継続すると得られる効果

 

普段の生活の中で、潜在意識と顕在意識というものが存在しています。

つまり無意識と、意識できている事の2つがあるって事です。

 

無意識の例でいうと、

  • 靴を右足から履くか、左足から履くか?
  • お風呂で体のどこから洗うか?
  • 歯を磨く時に、どこの歯から磨くか?

 

意識できている事の例は、

  • 今日はどの服着ようかな?
  • 今日のランチどこいこうかな?
  • 来年の夏休みに沖縄いこうかな?

 

この2つの意識が普段の生活で優位に働いている割合ですが、

無意識が97%

意識できている事が3%

と言われています。

 

ほぼ無意識が優位に働いているという事です。

 

要は、意識してやりたい事があっても、

無意識の普段の習性に戻されてしまうって事。

 

瞑想を続ける事によって、

普段自分が意識して行なっている事を、

無意識に行えるようになる事をサポートしてくれます。

 

つまり、習慣を改める事をサポートしてくれるとも言えます。

 

瞑想のまとめ

 

メンタリストDaigoさんによると、

瞑想のした時間の累計が11時間を超えると集中力が飛躍的に上がるのだとか。

 

おさらいするとこんな感じ。 

POINT

 
瞑想をする事によって

・睡眠の質が上がる
・集中力が上がる
・習慣を改める事をサポートしてくれる
 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる