ストレスは本当に体に悪影響を及ぼすのか

 

「スタンフォードの自分を変える教室」という名著を世に生み出し、

スタンフォード大学で教鞭をとっている健康心理学者であるケリー・マクゴニガル氏。

 

フォーブス誌による、

Twitterでフォローしたい20人の最もインスパイアされる女性」

に選ばれたこともあるストレスの権威になります。

 

目次

ストレスは本当に体に悪影響を及ぼすのか

 

スタンフォード大学のストレス研究の権威であるケリー・マクゴニガル氏が研究を続けた結果・・・

 

「ストレスは体に悪いものではない」

 

という結論に至ったそうです。

 

え?

ストレスって体に悪いってみんな言うけど・・・

って思うかもしれません。

 

実は、ストレスが体に悪いのではなく、

「ストレスが体に悪いと思う」という考え方が問題だったのです。

 

ケリー・マクゴニガル氏は、「人が健康で幸せに生きること」を目的に研究を続けてきました。

 

体調不良や離婚など、様々な問題の背景にはストレスがあります。

 

そのためにストレスをなくすことを考えてきました。

そんな中、とある研究結果が、今までの考えを根底から覆してしまったそうです。

 

その研究とは、アメリカで3万人の成人に「昨年どれぐらいストレスを感じたか」

 

また、「ストレスは健康に害になると思うか」という質問をし、その後8年間追跡調査をしたものでした。

 

この研究結果で判明したのは、

ひどいストレスを感じた人は、死亡率が43%も高い

ということでした。

 

衝撃的なのは、

死亡率が高くなったのが「ストレスが体に悪い」と考える人だけだったということです。

 

さらには、

ひどいストレスを経験していても、それが無害だと考えている人は、

その中でも最も低い数値だったのでした。

 

この研究によって、

「ストレス自体が体に悪い」ということは科学的には間違っているということが判明しました。

 

つまり、ストレスをどう捉えるかで、寿命や、健康への影響が変わってくるという事になります。

 

さらに、別の研究では、

年を重ねる事に対してネガティブな人は寿命が短く、

逆にポジティブな人は寿命が長くなることもわかっています。

 

つまり、考え方が寿命に影響を与える。

ストレスに対しての考え方がポジティブなら、体に悪くないという事です。

 

ストレスに対してポジティブな感情をいだく

 

たとえば、このようなシーン

 

「最近ストレスたまってるんだよね~」

「仕事のストレスを発散しなきゃ」

「〇〇のせいでストレスたまる~最低!」

 

よくありそうですよね。

しかし、そもそもこの考え方が間違っていたんです。

 

ストレスに対して、

「よし、また成長できるぞ!」

「ストレスのおかげで、緊張感が生まれて集中できる!」

「〇〇のせいでストレスたまる~最高!」

 

という風に肯定的な解釈をする事が、非常に大事なんだという事になります。

 

成長するときって、必ず負荷(ストレス)がかかるものですよね?

 

筋肉を成長させるには筋肉に負荷をかけてダメージを負わせ、そのダメージが回復することによって強くなるはずです。

 

ということは、ストレスを避けようとか、発散しようとする必要がないですね。

 

ストレスとの付き合い方についてまとめると

 

ストレスが体に悪いのではなく、

悪いものと考える思考が体に悪い。

 

ストレスを感じた時に、

「成長してる〜!!」と考える。

 

職場で理不尽な事があった時

家族関係でストレスを感じた時

経済的な面でストレスを感じた時

 

考え方に気をつけていきたいですね。

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる