すごい手抜きという考え方が核心をついているので紹介したい

【すごい手抜き- 今よりゆるくはたらいて、今より評価される30の仕事術】

佐々木 正悟(著)

 

  • 家に帰ってきて、すぐに片付けすればいいのに、ちょっと休んでからやろーと思って結局やらない
  • 食事をした後に眠くなってしまい、やろうとしていたことができなかった
  • 物を整理したりすればいいのに、どうしてもゆっくりしてしまう

 

こんな時ってありますよね?

うん!うん!と思ったのであれば、この本是非オススメです。

目次

「やりたいのにできない」

Photo by JESHOOTS.com from Pexels

やりたいのにできない・・・

その原因

実は「完璧思考」なんです。

子供の頃、失敗したらみんなに笑われたり、
親に怒られたり、先生に怒られたりしたのではないかと思います。

私もしょっちゅう先生とか親に怒られていました!

この経験によって、

できない = 悪いこと

多くの人がこういう思考回路がみについてしまっているそう。
なかにはもともと超ポジティブ思考で、頭のネジがはずれてしまっているような人もいるとは思いますが・・・

そんな人はめったにいないので、これは多くの人に当てはまるのではないでしょうか。

何かを始める時に、完璧にこなさなくてはいけないという考えが、心の奥底にあるために、行動する事にしぶってしまうようです。

完璧思考を抜け出すには?

Photo by rawpixel.com from Pexels

璧思考を抜け出すには?
それはまさに「手抜き思考」なんだと思います。

大事なことはしっかりやって、そんなに大事じゃないことは「手抜き」すべし!笑

要は、完璧思考って自分で自分のハードルを上げちゃってるって事です。

冷静に考えてみるとすごい残念な事してますよね。

  1. 自分でこうあるべき!とか完璧なものを目指す
  2. ハードルが高くておっくうになってしまう
  3. 結局なにもやらない

ブログを書く事とかめちゃくちゃこれに当てはまる方いるのでは?

  • 〇〇文字以上の記事にしなきゃ・・・
  • タイトルこれでいいのかな・・・
  • フリー画像何がいいかな・・・
  • 他の人のブログと自分のブログを見比べてモチベーションが下がる

こんな感じに。

完璧思考を克服して、行動的になるにはどうしたらいいのか?

それは、最初の第一歩のハードルを低く設定する事です。

たとえば、ダイエットなんかがいい例ですね。

1日の摂取カロリーを抑えるためにご飯はこれだけ、会社帰りには毎日ジムに通って、休みの日は断食をして、ホットヨガに通って・・・

とか完璧になろうと色々計画したとします。

でもデブになる習慣をもっているこの人が、いきなりこんな生活できるわけがないですよね。

じゃあどうすればいいのか?

例えば、この人お菓子が大好きで、しょっちゅう間食していたとします。

まずは、「お菓子を何か別のものに置き換える」とか、「量を少し減らす」とか、ハードルをめっちゃ低く設定して計画すればできそうですよね。

そして、デブになる習慣が、徐々に痩せる習慣に変わっていけば、絶対にダイエットに成功します!

想像してほしいのですが、こんな考え方する時って誰しもありますよね。

  • 今日は雨が降っているからやめよう
  • 今日は疲れているからやめよう
  • 今日はちょっとしか時間を作れないから
  • 週末の時間をたくさん使えるときにやろう。 
  • もう少し勉強してから始めてみよう。 
  • 目標を設定してから始めよう。 
  • お金が貯まったら始めよう。
  • 子供がもう少し大きくなったらやろう

この考え方も「完璧思考」からきているそうです。

こうやって、完璧な環境を待っていても、時間をムダにするだけ。

完璧じゃない日に行動するより、今やらない事によって結局何もしない事の方がリスクのはず。

最初の一歩のハードルを低くして、とりあえず行動する。
すぐに完璧な結果を求めようとするのではなく「習慣化すること」に向ける。

×目の前のことを完璧にこなす

○手抜きでいいからとにかくやる

 →やることが習慣化する

習慣化してしまえばあとは簡単。
潜在意識がかってに動いてくれるので、毎回重い腰を上げて挑まなくても良くなります。

漕ぎ出した自転車のペダルが、どんどん軽くなって行く感じですね。

まとめると

  • 頑張らなくて良い
  • とりあえず手抜きでいいからやってみる
  • すぐに完璧な結果をもとめるのではく、習慣化させる事を目指す
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる